4歳が描く理想のお部屋

日々

こんにちは。
茨城のライフオーガナイザー 梶山のぞみ です。

先日記事にしたように、一ヶ月ほど前から一人で寝ている娘ですが、
あれからずっと寂しがることもなく、自分のベッドで寝るのが当たり前になりました。
私はいまだに慣れません゚(゚´Д`゚)゚

とりあえずベッドを置けるようにしただけなので、
部屋には他の荷物がたくさん置いてあったのですが、
【私の部屋】という意識がどんどん高まり、夢が膨らんできたようで、
「この荷物がね~」
「この自転車が~」
と、毎日のように他の荷物がジャマだアピールをしてきました。

あんまり言うので、どんな部屋にしたいか聞いてみると、
「ここにおもちゃをおいて~、ここはあそぶところで~」
と、イメージは固まっている模様。

間取り図も書きました!
(部屋の大きさは私が描いてあげました。)

FullSizeRender

今まではリビングに娘コーナーがあったので、
「遊ぶ度にお部屋までおもちゃを取りに行かなくちゃいけないんだよ~」
と言ったのですが、わかっているのかいないのか、
「大丈夫!」の一点張り。

こんな感じでした↓

IMG_8112

そんなに言うならと、幼稚園の進級式を終えた先週水曜の午後、
お姉さん気分が高まる中、お部屋作りを開始。

ベッド以外の荷物を全て部屋から出し、
リビングの娘コーナーを丸ごと娘の部屋に移動しました。
娘もかなり働いてくれて、あっという間に移動完了!
大人1人分とは言えませんが、0.8人分ぐらいの働きはしてくれたと思います。

3階で仕事をしていた主人も、下に降りてきてビックリしていました。
あっという間だったし、予告なしで急に始めたので(・∀・)

娘は自分の荷物だけになった部屋に満足したようで、終始ニコニコヽ(*´∀`)ノ
私が、「全部onigiri(娘)のモノだけになって良かったね~」と言うと、
顔色が曇り、クローゼットを指差しながら「あの中がまだ…」と、
100%ではないことを訴えてきました(゚д゚lll)

クローゼットの中なら見えないからイイだろう
という私の安易な考えは認められず…
「ごめん(;・∀・)そこだけはもうちょっと待ってね。」
とお願いして見逃してもらいました。

そんな娘ですが、新年度の疲れが出たのか、お部屋作りの疲れか、
どちらかわかりませんが、木曜日の午後に熱が出てしまいました。

保育園に入園して5年目にして初のお迎え要請でした。
今日やっと熱も落ち着き、明日からは幼稚園に行けそうです。

熱が出ている間は、久しぶりに私と一緒に寝ていたのですが、
今夜からはまた自分の部屋で寝るそうです゚(゚´Д`゚)゚

完成した娘の部屋は、もう少し片付いたら公開します!



Posted by nozokaji


PAGE TOP